Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/haus/aoisora-komeko.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/haus/aoisora-komeko.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571
<河北新報オンラインニュース>米粉パン、新天地で再出発 | 米粉パン専門ベーカリーあおいそら

<河北新報オンラインニュース>米粉パン、新天地で再出発

image-shop2

東日本大震災と福島第1原発事故のため、福島県飯舘村から一時新庄市に避難した鮎川ゆきさん(31)が6月、山形県大石田町に移り自宅にパン店を開いた。一家5人で暮らす新天地で「地域に愛されるパン屋になりたい」と再出発し、充実した日々を送っている。

 米粉パンを専門にする「あおいそら」は先月13日に開店した。雪国仕様で1階が車庫になった3階建て中古住宅。店はその勝手口を改装した土間風の造りで、2階に加工場も設けた。
 3年余り暮らした新庄市の公営住宅から昨年夏、両親、息子2人と引っ越した。父邦夫さん(70)は近くの舟形町に畑を借り「いいたて雪っ娘」という飯舘村独自品種のカボチャを栽培、パン加工用に回す。母美代子さん(62)も店に立ち、接客などを手伝う。

image-shop


 鮎川さんは震災前、出身地の秋田市から移住して就農した邦夫さんに誘われ、飯舘村で米粉パンを製造販売していた。秋田への避難途中、ガソリン切れで新庄にとどまり、避難生活を送るうちに定住の覚悟を決めた。
 おととし秋には地元有志と共にパン店を開業。店長として腕を振るった。
 仮住まいから一家で暮らせる物件や自立を探る中、新庄のパン店を辞め、独立開業にこぎ着けた。店の名は小2の長男葵君、小1の次男春空(はる)君から採った。
 鮎川さんは「これまで各地を転々としてきたが、この地に根付き受け入れてもらえればうれしい。大石田はそばどころなのでソバを使ったパン作りにも挑戦したい」と話している。